ブログタイトルの変更

先週末に引っ越し、新居では納戸に住むことになったのでブログ名を納戸日記に改称した。

少し遡ると、今年5月に第一子が誕生した。 もう少し遡ると、去年10月に今働いてるところに入社した。今月でちょうど1年。

2017年4月から図書館通いがなんとなくはじまり、育児生活と読書の相性が何かとよかったことでいままで継続している。 通勤、昼休みの合計で1日だいたい100分読書できる。続きが気になるときは寝る前にも読む。 次の日が休みの場合はけっこう遅くまで読むこともある。

8月から読書記録をつけはじめた。何をいつ読んだかと、ちょっとしたメモ。 興が乗って、今まで生涯の中で読んだ本も思い出す限りリストアップしていった。 漫画を入れると大変なので除外したが、ジャンルを問わず字がたくさん並んでいる本は全て対象だ。

そしたら、今までびっくりするほど本を読んでいないことが判明した。 2017年3月までに読んだ冊数と、それ以降で読んだ冊数がだいたい同じくらいだったのだ。 30年間で半年分の本しか読んでいない?バカな!

バカなこんなに少ない訳がない、ということで、その後「そういやアレ読んだな」というのを思い出し次第リストに追加していく生活がはじまった。 小学生時に読んだと思われる本、ドリトル先生シリーズとかも足してゆく始末(絵本や図鑑、イソップ童話などは記憶が曖昧すぎるため除外)。

そういやアレ読んだな生活を1ヶ月ほど続けたところ、この頃やっと「2017年3月までに読んだ本」が「それ以降に読んだ本」の3倍を越えた。 ……にしても、やはり脅威の数字である、今年度に入ってから生涯の4分の1の冊数を読んでいる。 今まで何をして生きてきたのか……。最近の数年はスマホゲーがスキマ時間キラーであったが、その前は?学生のときは何してたの?

とかなんとか書いてるうちに谷崎潤一郎痴人の愛」を唐突に閃いた。 リストに加えた。読んだ時期は適当だけどたぶん2005年あたりなので、その辺に突っ込む。 痴人の愛は面白かった。思ったより変態的ではなかったが文章もエピソードも良い。 ナオミに英文法を教えようとするけど全然覚えないので怒るが、喋るのは実地で学んだナオミの方が得意だったとかいう「ぐぬぬエピソード」がNTRぐぬぬ感となぜか融合しているのとか、面白いのではないか。全然記憶違いかもしれないけど。

wikipediaの「寝取られ」の項の「フランスの寝取られ三分類」が事実でないことを明らかにしたブログがどっかにあったな。 それを読んで納得してしまい、今はフランス寝取られ三分類は信用していません。面白いけど。

ネットゴシップ、なぜか追ってしまう。俺はネットゴシップが好きなのか……。

子どもはなぜ抱っこしていないと泣くのでしょうか

取り留めなくなってきたので今日はここまで。