読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「パーフェクトJavaScript」メモ 10章 イベント

前章のDOMとこの章のイベントは、ほぼjQueryでやるけどjQuery自体は実際jsのこういうのをいじってるので知らなくていいわけはないし、自分で使うこともあるだろうという認識で読んでいる。

イベントハンドラ
onclick
ondbclick
onmousedown
onmouseup
onmousemove
onmouseout
onmouseover
onkeydown
onkeypress
onkeyup
onchange
onblur (input要素のフォーカスが他に写った)
onfocus
onselect
onsubmit
onreset
onload
onunload
onabort
onerror
onresize

これら並列なのか(何を今さらという感じだが)、onclick以外はjQueryでやる、という感じが多かったのでなんとなくonclickを特別視していた。
onclickの出現頻度が圧倒的に高いというだけで、皆おなじ仲間なんだね

aタグのonclickイベントでfalseを返すとページ遷移しなくなる

href属性にjavascript:void(0)書くのと同じなのか、使い分けとか優劣とかあるのかな

イベントの伝播
キャプチャリングフェーズ→ターゲットフェーズ→バブリングフェーズ
イベントリスナの引数で、キャプチャリングフェーズとバブリングフェーズのどちらで実行するか決められる。
stopPropagation()メソッドはそいつが書かれたターゲットに設定されている他のイベントは実行されるが、それ以降は実行されない
そいつが書かれたターゲットの他のイベントも実行注意させるときはstopImmediatePropagation()を使う

stopPropagation()は使ったことあるが、イベントの伝播を止める、という認識はなかったのでメモった。
イベントの伝播自体はわかりやすい概念だと思われる。

10章終わり。