「swiftではじめるiPhoneアプリ開発の教科書」

CHAPTER4まで終了。
お勉強というよりは手を動かす系なので特に書くことなし。
もしかしてパーフェクトJavaScript(の言語仕様の章)を終えた時点でこのブログの役目は終わったのでは

「最初に読むPHP」メモ Chapter4,5

CHAPTER4 PHPのいろいろな機能を使ってみよう

一通り読んだ

CHAPTER5 データベースとの連携を学ぼう

一通り読んだ

……読んだだけではだめで手を動かしてみねば、と思う機能もいくつかあったが、それは次の本をやりながらにしようと思っている。
で、次は「PHPMySQLのツボとコツがゼッタイにわかる本」の予定。→やめてswiftの予定。

「最初に読むPHP」メモ Chapter3 PHPの基本を覚えよう

CHAPTER3 PHPの基本を覚えよう

<?php
$name = "田中";
echo "こんにちは".$name."です。";
echo "こんにちは{$name}です。";
?>

この下の書き方、したことなかった。見たことなかったからなあ……なぜだ。上で事足りるからか。

<?php
echo $_GET["q"];
?>

業務ではPHPフレームワークを使っていたために一度もお目にかからなかった"$_GET"。
これを知らないおかげで世の多くのPHP解説ページが無意味なものになっていたので、もっと早く生のPHPに触れておけばよかった、が、まあ今でもまあいいか。

今さらですが、この本は実用本寄りなので言語仕様の記述はたまに挿入されるに留まっているわけですね。
関数や構文の紹介順はバラバラだが、手を動かしながら、新情報は出てきたところで覚えていきましょうというコンセプトなのでこれはこれでよさそう。

$_GETと$_POSTはスーパーグローバル変数

使用頻度が多いからだそうで。この2つだけなのでしょうか。ということでPHP本家しらべ
PHP: スーパーグローバル - Manual

PHPのスーパーグローバル変数
$GLOBALS
$_SERVER
$_GET
$_POST
$_FILES
$_COOKIE
$_SESSION
$_REQUEST
$_ENV

これだけあるらしい。

<?php
echo <<< DOCUMENT //ヒアドキュメント開始
<h1>ああああ</h1>
<form>
//~~~~~~~~~
</form>
DOCUMENT;
?>

ヒアドキュメントまったく使ったことがありませんでした。

あとはたぶんOK。Chapter4に進みます。

「最初に読むPHP」メモ Chapter1,2

「パーフェクトJavaScript」の次にやるのはPHPの初歩本のこちら。

最初に「読む」PHP

最初に「読む」PHP

PHPは昔業務で使っていたが、ググりとコピペが全てで体系的に学んだことはない。
というわけで、初歩本からはじめてみる。
数あるPHP初歩本の中でこの本を選んだ理由は、手元にあったから

Chapter1 PHPについて学ぼう

PHPはWEB開発に特化したプログラミング言語ですよ、云々。

Chapter2 開発環境を準備しよう

手元のMacBookAirに開発環境を準備しようと思います。
この本に則って、まずXAMPP。
XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends

Apache Web Serversを立ち上げようとstartしたらRunningにならなかった。
Mac OS X標準のApacheが起動している場合はRunnningにならないということらしいので、ターミナルで

#sudo apachectl stop

Mac OS X標準のApacheとやらを止めて再度Apache Web ServersをstartしたらRunnningになった。

レンタルサーバとか自サーバ立てはとりあえず置いておいてChapter3に進む。

「パーフェクトJavaScript」メモ 15章 デスクトップ連携

Drag Drop APIについて。

疎結合

言葉に対する習熟度が低いため「ドラッグ要素とドロップ領域が互いに素結合な実装」と言われてもまだあまりピンと来ない。
疎結合」は「個々のシステムが緩やかに結びついた状態」ということで、ここでの意味は「ドラッグ要素、ドロップ領域それぞれに必要な機能(イベントハンドラ)を実装すれば動き、ドロップ領域がひとつ駄目になった/変更を加えたからといってドラッグ要素が使用不能になったりはしない」というように考えておけばよいという感じでしょうか。

Drag&Drop もjQueryを介してしか知らないので、一応ひととおり読んだ。
アプリケーション間のドラッグ&ドロップは自分で設置したことはないが、これからやることありそう。
File API も未体験。機会はあったと思うけど同じことをPHPで実装したような……(本当か?)
File APIの記述は正直、飛ばした。これが後にとんでもない事態を巻き起こすことになるとは夢にも


「パーフェクトJavaScript」も各論になってきたので、先もいずれ読みたいけどひとまずここまでにして次はPHPのおさらいしようと思う。言語仕様について書いた7章まででもよかったかもしれないが、DOMやイベントについては確認しておきたかったので。

「パーフェクトJavaScript」メモ 14章 WEBアプリケーション

Hitstory API

pushstateなどは少し使ったことがあるので、このようにまとまった記事はうれしい。
これらの機能を一度も使っていない人に対しては記述量が少ない感じもするが、必要なときに思い出せればこれだけでも助かると思う。

ApplicationCache

キャッシュマニフェストなどは少し使ったことがあるので、このようにまとまった記事はうれしい。
これらの機能を一度も使っていない人に対しては記述量が少ない感じもするが、必要なときに思い出せればこれだけでも助かると思う。

14章は14ページ。
終わり。

「パーフェクトJavaScript」メモ 13章 HTML5概要

この本では「WEBアプリケーションが高機能化してきて、ネイティブアプリケーションを利用する機会が減ってきた」「全てがWEBアプリケーションに置き換わる日がくるのではないか」と書いてあるが、それはこの本の書かれた時代の話であって、スマートフォンでネイティブアプリを使う機会が増えた今となっては再逆転が起こっていると思われる。

WEBアプリケーション ネイティブアプリケーション
X そもそもWEBブラウザ自体はネイティブアプリケーションである O そう、私が上位
X だから機能面でネイティブアプリを上回ることはない O つねに上回る
O 開発コストが低い X 高い
O クロスプラットフォーム対応が楽だから X むずい
O HTML,CSS,jsさえできればいい X Objective-CJAVAに……

本書に書いてあるのはここまでだが、それに状況として以下が加わる

X しかしスマートフォンでは皆んなブラウザ開くよりアプリ開くよね O UIが使いやすかったり動作速かったり
△ さらに △ swiftが出てきたりで開発もやりやすくなっているのでは

という感じだろうか。

HtML5バッヂ 8種類

どのバッヂが何を表すか全然わからんな

この章は5ページだった。